安心・安全と,こだわりの土づくり

化学肥料不使用

化学肥料不使用とは、文字通り、農薬、化学肥料は一切使用していません。

減農栽培

減農薬栽培とは一般の場合に比べて農薬の使用量を減らしましたということ。また、農薬の中でも特に毒性の強いものは使わないことにしてあります。


土壌消毒はせず、牛糞などの動物性堆肥を使わず、かしの木などの落ち葉、パワー薬師(天然ミネナル鉱石)、腐食酸(土壌有機物)を与え 自然界に近い土作りを行います。 
肥料も化学肥料を一切使わず、動物タンパク性有機物肥料、米ぬか(納豆菌発酵入り)石灰の代わりに貝殻の化石を使うなどして、野菜本来の持っている美味しさを引き出せる土作りに取り組んでいます。

基本の土作りをしたら、種・苗選びにもこだわり、栽培方法も、美味しい野菜が育つように、海藻エキスなど原料にした、アミノ酸たっぷりの液肥やミネナル塩を与えながら育てています。

安心 安全の面でも、減農薬に努めています。秋・冬栽培の野菜は、無農薬栽培できますが、春・夏栽培の野菜は、どうしても虫害 病気が発生しますので、病気になりにくい野菜の体力作りの為に、納豆菌酵母(自家製)エビ カニから捻出した酵素などを与えながら、出来るだけ農薬使用回数を抑える努力に努めています。